静岡県について➂-静岡県知事選挙2017に向けて-

2017年夏に静岡県知事選挙が行われる予定です。現職の川勝平太氏が再選するかが注目されています。今回の記事では、それを機に、静岡県についてまとめたいと思います。静岡県知事選挙に向けて、静岡県という地域がそもそもどのような地域なのかを知っておくことによって、静岡県知事選挙の動向に対する理解が深まると判断したためです。今回の記事では、静岡県の教育について考えたいと思います。

静岡県の義務教育

静岡県で義務教育を受ける学習者は、静岡県内の公立小中学校に進学する者が多いようです。静岡県内の公立小・中学校はその教育の質の高さから人気を誇っていたようですが、時代の流れから保護者からの不満が増加し、近年では国立・私立小・中学校に進学する学習者も増加傾向にあるようです。

静岡県の高等学校

下田、浜松を中心に進学校が並んでいます。大学への進学率は全国平均並みだということです。大学附属校や私立中高一貫校も充実しており、静岡県内の進学率への一助になっているようです。入試そのものに思慮を入れずに単純否定する楽手もいるようですが、将来幸せに生きるという観点と入試のための学習は矛盾しません(。大学進学率という視点をもっと考慮して、政治も行われるべきではないでしょうか?
ふじの国

静岡県の高等専門学校

高等専門学校は5年制を基調とした、職業のための高度な能力を開発することを目的とした学校です。静岡県には沼津高等専門学校があります。社会に出ても役に立たない抽象論ではなく、現実を重視した能力の伝授が目的とされています。

静岡県の高等教育

静岡県内の学習者は、県内の高等教育機関の欠如のためか、県外の高等教育機関へ進学する者が圧倒的に多いようです。この静岡県内の大学をはじめとした高等教育機関における質の高い教育の実現と地域別にみる教育格差問題が、今後の静岡県における教育行政に関する課題となると思われます。静岡県に限らず、将来の地域を支える人間を育成するのが、地域の教育です。静岡県内の教育の高度化がカギとなるのではないでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です