静岡県について④-静岡県知事選挙2017に向けて-

2017年夏に静岡県知事選挙が行われる予定です。現職の川勝平太氏が再選するかが注目されています。今回の記事では、それを機に、静岡県についてまとめたいと思います。静岡県知事選挙に向けて、静岡県という地域がそもそもどのような地域なのかを知っておくことによって、静岡県知事選挙の動向に対する理解が深まると判断したためです。今回の記事では、静岡県の観光について考えたいと思います。

静岡県の世界遺産

静岡県と言えば、何と言っても富士山でしょう。静岡県は「ふじの国」と呼ばれ、富士山を全面的に押し出したキャンペーンを行っています。他に静岡県の世界遺産と言えば、富士山城、富士山頂の信仰遺跡群、大宮・村山口登山道、須山口登山道、須走口登山道、富士山本宮浅間大社、山宮浅間神社、村山浅間神社、須山浅間神社、東口本宮富士浅間神社、人アナ富士講遺跡、白糸ノ滝、三保松原などです。
富士山

静岡県の名勝

静岡県には富士山以外の名勝もたくさんあります。静岡県の美術工芸品はそのものが国宝になっています。他にも名勝は……楽寿園、白糸ノ滝、清見寺庭園、日本平、三保松原、臨済時庭園、柴屋寺庭園、竜潭寺庭園……などです。静岡県には公園も数多く存在し、富士箱根伊豆国立公園と南アルプス国立公園という国立公園があります。また、天竜奥三河国定公園という国定公園もあります。他に県立自然公園には……日本平県立自然公園、浜名湖県立自然公園などがあります。県立都市公園には、富士山こどもの国、浜名湖ガーデンパーク、県立森林公園などがあります。これらの遺産ともいえる静岡県の名勝をいかに守っていくかが、静岡県政の今後のカギと1つと言えそうです。観光業にも力を入れなくてはいけないではないでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です