今日、2月23日は「富士山の日」

2月23日は富士山の日

2017年夏に静岡県知事選挙が行われる予定です。それに先駆けて、今日2月23日は、静岡県の象徴でもある富士山をたたえる「富士山の日」になっています。富士山の偉大さを後世に語り継ぐことが目的として定められた記念日です。2016年7月、ユネスコ世界遺産委員会にて、富士山は他の世界遺産の模範とされることになり、高評価を得ています。

静岡県はこうした動きを受けて、「富士山世界遺産センター」を、富士山の保存管理と情報提供の拠点となるべく設置し、2017年の冬に開館を目指しています。ユネスコから再び高評価を得ることが目論見とされています。静岡県は「ふじの国」をうたい、「心豊かな徳のある士(富士)」というキャッチフレーズをベースに、ふじのくにづくりに努め、世界中から集客を狙う「ジャパニーズドリーム」のプランを打ち出しています。2月23日の富士山の日を迎えた静岡県では、「富士山の日フェスタ2017」が開催されることになっています。富士山の魅力を世界中に発信させることが目標です。全公立中学校と一部の私立中学校は休業が発表されており、県を一同にして、この富士山の日を盛り上げようとしています。静岡県という日本のシンボルでもある世界遺産を持つ静岡県としては、このキャンペーンは外せないものになるでしょう。高い経済効果も期待され、県をあげての動きとみることが出来そうです。
富士山の日
一方、この「ジャパニーズドリーム」プランは抽象的で、実行可能性が薄いという指摘もあり、今後の動向が注目されます。現知事である川勝平太氏の具体的な言説が求められており、行動力を高めることが欲求されています。今後の静岡県政と川勝平太氏に注目が集まっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です