静岡県知事選に出馬をする宮沢正美氏(※その後出馬撤回)

静岡県議会議員の宮沢正美氏は生まれも育ちも静岡県。つまり静岡を愛し、静岡を知り尽くす宮沢正美氏が、静岡県知事選に出馬をすることを表明したのです。では宮沢正美氏自身どういった人なのであろうか。

 

静岡県議会議員の宮沢正美氏の人間性

 

現在静岡県議会議員を務める宮沢正美氏の経歴はほんとうに様々です。というのも、三島市の副議会や県議会の総務委員会の委員長を務めるなど、経歴を見るだけで知識や人を惹きつける力があることが見て取れます。そして現在の経歴も数多く、静岡県議会議員を務めるほか、発達障害者支援議員連盟の会長、ボーイスカウト活動推進議員連盟の幹事長、三島市子ども会連合会の顧問など、弱い人の見方に立ち、ともに前へ進むスタイルなのでしょうか。そんな宮沢正美氏が出馬するとなれば、静岡県民は熱い期待を寄せることでしょう。

 

静岡県議会議員の宮沢正美氏の政治信条

 

宮沢正美氏の信条は3つ挙げられます。一つ目は“私を捨て、公のために尽くす”、二つ目は“常に客観的であり、判断を誤らない”、最後は“広く、国内外を捉え、未来への希望を持つ”というもの。一つ目であげられたものに関しては、弱いものを助け、ともに前へ進み続ける宮沢正美氏のそのものといえるでしょう。そのほかの信条についても、様々な会で顧問という立場にあり、トップも務めてきた宮沢正美氏であれば、そこか安心のできることばですね。現在、特に東京で深刻な問題となっている児童待機問題など、宮沢正美氏が目指す子育て支援策の充実など、奥様たちの強い味方となること間違いありません。

 

弱い人の味方になる宮沢正美氏

 

静岡県議会議員の宮沢正美氏の特徴としてあげられるのは、自身の足でさまざまな場所へ訪問し、積極的にいろんな人と接して現場を肌で知ろうとするその姿勢です。そのなかでも特に宮沢正美氏のキーワードとなるのが“自分自身を捨て、常に弱いものの味方である”という点ではないでしょうか。もともと明るく、積極的であろう宮沢正美氏の性格は、静岡の子供たちに明るい未来を与え、より良い静岡県を創ること一心なのでしょうか。

 

静岡県民の声

 

宮沢正美氏が静岡県知事選に出馬を表明し、静岡県民たちはどういった印象を受けたのでしょうか。宮沢正美氏が出馬する静岡県知事選では、もちろん宮沢正美氏だけでなく、さまざまな人が出馬します。ですが果たして、経歴を見ただけで宮沢正美氏以上に人のために尽くしてきた立候補者はいるのでしょうか。我々県民は、意見を言うことはできるものの、それがすぐに結果として現れることはなく、どうすることもできずまま終えるパターンが多いですよね。ですが宮沢正美氏の経歴を見て、安心して着いて行こうと思われている方は少なくないかと思う次第。自分を捨て、常に弱いものの味方であり、さまざまな経験を持つ静岡県議会議員の宮沢正美氏の今後の動向が気になりますね。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です